人気ブログランキング |
ブログトップ

junya.blog(猫×犬)リアリズム絵画

junya.exblog.jp

画材紹介

よく、何を使って描いているか聞かれるので、
ふだん使っている画材を紹介します。


上から…
面相筆
 おもに、細かい「毛」や「瞳」等を描くために使います。
 筆はこれ一本だけしか使いません。

エアブラシ(ハンドピース):
 おもに、全体、ボカシ塗装に使います。
 「なぜ?こういう絵が描けるの?」
 の答えはほとんどコレの使い方にかかってます。
 コレと「エアコンプレッサー」とつないで使います。
写真:ワークアソシエイション/ピースメーカー ¥12000
(今は売ってないみたいです…)


ミニグリップフィルタ
(エアフィルタ:ハンドピースとホースの間にはさまっているモノ)
 コンプレッサーから送られて来るエアのゴミや水分を除去します。

アクリル絵の具(リキテックス):
 ふつうの水彩と同じように、水でうすめて使います。
 乾くと、耐水性になり、水に濡れても落ちません。
 1本240〜600円くらいで高価です。


エアコンプレッサー
 上のハンドピースとつないで、空気を送りだす機械です。
 これは高価です。19800円〜10万くらい??
 ※ワタシが使ってるのはコレです。


今回、使った絵の具です…
少ないほうですね。
すぐに乾かないように、ラップでフタしてあります。

イラスト制作中写真はこちら



このブログが気に入ったら、ココ押してみてね。

アメチワ | このページのトップへ
by j-uzawa | 2004-06-14 22:06 | 証拠写真:Making
<< パスワードを忘れたかたへ⋯ 新作完成したので⋯ >>